もはや世の常!?奥様ホルモンについてイチから教えます

母親ホルモンは年を取るごとに減少していくのをご存知ですか?
四十路階層になるとその成果が顕著に現われ始め、気持ちにしだす方も多いですね。
でもそのホルモンの細かい役割まで知らないというほうがほとんどなのではないでしょうか。
あんなあなたに、母親ホルモンについてイチからご品評します。

■美肌ホルモンとまで言われる「エストロゲン」

有名な母親ホルモンといえば、エストロゲンです。
こういうホルモンは、月経後から排卵までの間に主に分泌されるものです。
働きとしては、子宮一種膜を太くしおめでたし易い身体を作るだけでなく、
母親らしい丸みを帯びた姿勢にしようとする働きがあります。
ひいてはコラーゲンを生成する結果、「美肌ホルモン」と言われることもしばしばです。
そんなエストロゲンですが、過大分泌が起こると、乳がんや子宮身体がんが発症しやすくなってしまうので
正しい生活をしていくことが大切です。

エストロゲンのマイナス=更年期障害、骨粗鬆症

エストロゲンの分泌は身体が成長して大人の女性に近づく思春期に増え、
40代程度から減少していくとされています。
エストロゲンが減るため現れる頭痛、苛苛、ほてりなどは
俗にいう更年期障害です。
またこういう美肌ホルモンには皮膚だけでなく、骨をとかされないようにする役割もあります。
そのため、減少するため骨粗鬆症になる恐れが高まります。

■水気・栄養素をため込みます「プロゲステロン」

エストロゲンとみたい大きく知られている母親ホルモンは「プロゲステロン」
排卵後から生理前まで身体に作用するホルモンです。
おめでたが維持できるように体温を高くしたり、水気や栄養素をため込もうとします。
月経程度によくあるむくみや便秘はこういう役割による小物だったんですね。
また、皮脂が多くなってしまうのもこういうホルモンによる小物。
肌荒れや面皰が目立ってしまうのもおしなべて肩入れが悪いとはいえないのです。

■実際には何をすればいいの?

規則正しい日課、何よりも適度に眠る仕事場

母親ホルモンの分泌は自律癇の均衡の良し悪しで決まるといっても過言ではありません。
つまり、ムシャクシャや日課の狂乱で自律癇のバランスが崩れると、
ホルモン均衡も悪くなってしまい、更年期障害やお皮膚のいざこざにつながるということなのです。

処理メニューはストップ!バランスのとれた食べ物

処理されているスナック菓子、小麦小物、乳製品は極力避けるようにして、
ホルモンの元凶となる良質な脂質や、たんぱく質、ビタミンやミネラルを
粗方含むメニューを摂取し、バランスのとれた食べ物をすることが大切です。

いつまでも母親らしい性質を放ち続けるためには、日頃のちっちゃな意識が大切なのです。
今からでも遅くありません。正しい毎日を心掛けて、心も体も小ぎれいを目指しましょう。ボニックを通販で購入してみよう!